ダイエットサプリを使うと生理が来なくなる?

女性にとってダイエットは永遠のテーマですが、無理なダイエットをして減量しすぎると生理不順を起こす恐れがあります。
体脂肪率が17%を切ると約半数、12%ほどになるとほとんどの人が月経を迎えられなくなります。
脂肪(エネルギーの備蓄)が不足した体は省エネモードに入るので、生命維持に直接関係ない女性ホルモンを分泌するのをやめてしまいます。
アスリートやモデルさんの中には、細く引き締まった体を世間に見せながらも裏では生理不順に悩んでいる人も少なくありません。

女性ホルモンは生理の安定はもちろん、肌や髪を綺麗にしたリバストを大きくするためにも必要なのでダイエット中でも22〜23%をキープするのが理想的です。
ちなみに、ダイエットをサポートさせるためにダイエットを使っている女性も多いと思われますが、ダイエットサプリの中でも「大豆イソフラボン」や「プエラリア」のような、女性ホルモンと同じ働きをする成分が含まれているものはホルモンバランスを変化させて生理不順を起こす場合があります。
ダイエット中でも生理期間中はダイエットサプリを飲むのをお休みするなどして、体の調子を整えるのが無難です。
「サプリで生理を遅らせられるからかえって便利」と考えられる方もいるかもしれませんが、女性ホルモンが分泌されないとせっかく痩せても綺麗な姿になれるかどうかは難しいです。
ただ痩せるだけでなく、綺麗になりたいならダイエットと生理の関係をしっかり把握しておきましょう。